Step3 生命保険の保障額の明確化

Step3-1 必要な保障額を明確にする


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!
来店型訪問型のどちらにも対応している生命保険無料相談が可能なマネモ。
例えば女性1人での相談なので、不安な場合も申し込み時に相談しておけば、要望にあった相談相手を紹介してもらえるのでお勧めです。その他の要望があれば申し込み時に相談してみましょう。
コチラ ⇒ マネモ





⇒ ⇒ ⇒ 「ニッセンライフで入れる保険が見つかった♪」と、喜ばれるのは…
様々な保険商品をまとめて比較できるから! 詳しくはコチラ!!


・スポンサーリンク

ここでは、どのような保障内容かという視点から、あなたに必要な保障額を明確にしていきます。



【Step3-1 必要な保障内容と保障期間から、必要な保障額を明確にする】

これから生命保険の保障である、「死亡保障(死亡保険)」、「医療保障(医療保険)」などを詳しく見ていきます。詳しく見ていく事で、生命保険で用意すべき必要な保障金額が明確になっていきます。それでは、順を追って、詳しく見ていきます。


では、一般的に一番に考えておくべき保障とは、何でしょうか?
それは、死亡保障(死亡保険)になります。

独身時代には、死亡保障である死亡保険は、あまり必要ではなく、病気やケガの時の保障である医療保障(医療保険)が重要になります。

しかし、結婚をして家庭を持った後に、子供が出来た場合には、話が違ってきます。
子供や配偶者の為に死亡保障が必要になります。


死亡保障(死亡保険)は、一家の大黒柱である夫が不慮の事故などで亡くなった場合の保障です。一家の大黒柱である夫が亡くなった場合は、家族にとって経済的に辛くなります。
この場合を考えていきましょう。


【死亡保障時に必要な内容(死亡保険)】

死亡保険を考える場合には、もし、一家の大黒柱である夫が亡くなった場合には、
夫が亡くなって以降、どれくらいのお金が必要かという事を考える必要があります。

この必要になる金額を
 ・生活費
 ・生活費以外
というふうに分けて考えて行きます。
ここでは、見ていく内容の流れをつかんでもらいます。



【3-1-1 日常の生活費の計算方法】

家族の生活費は、下記の通りに2つに分けて考えます。

  (1)末っ子が大学を卒業するまでの生活費

  (2)妻の残った人生の生活費

になります。

この2つを考える事で、一家の大黒柱である夫にもしもの事があった場合の生活費の総額を算出します。


ここでの生活費には、家賃や住宅ローンは入れません。
家賃や住宅ローンのような住居にかかる費用は、別項目で後で考えます。


このような順番で、生命保険で用意する必要がある生活費の保障額を算出します。


【3-1-2 生活費以外の費用の計算方法】

次に上記の生活費以外の費用を計算します。

  (3)子供の教育費用

  (4)子供の結婚の援助

  (5)住居費(住宅ローン・家賃)

  (6)葬式にかかる費用

  (7)一時的に必要となる費用(貯蓄)

  (8)ローンなどの借金(住宅ローン以外)

このような日常の生活費以外に必要となる費用を算出します。


では、「日常の生活費」と「生活費以外の費用」を順番に見ていきます。


このような項目について、次のページから具体的に見ていきます。  
「Step3-2 生命保険の保障額の計算(日常の生活費)」へ








保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー広告 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)




生命保険の見直しでお悩みのあなたに・・・


私は、昔は生命保険についての知識がありませんでした。
この頃に加入した生命保険は、生命保険の営業の担当者の言われるままに生命保険に加入していました。この為、高い保険料で必要以上の保障内容の生命保険に加入していました。

あなたも、このような事にならないように、中立な立場から、あなたに合った、色々な生命保険会社の保険商品を選ぶ事がお勧めです。このようなことが可能であるのが保険マンモスです。


保険マンモス⇒イラスト図表で保険料を3〜4割安くする”
ビジュアル生命保険サイト”情報提供にとどまらず、実績ある全国プロFPの「無料相談」も実施、
コスト削減を現実のものに!


生命保険の相談はこちら ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス


2006年09月29日 01:46