Step9 既存契約の生命保険を利用する方法

ここでは、現在、加入中の生命保険の保障内容を利用して、見直しや比較を行う方法を見ていきます。 色々なケースに色々な方法を利用する事ができる方法が有りますので、ここで説明している色々な方法に目を通しておく事で、あなたの場合に合う方法が見つかるかもしてませんので、参考にして頂ければと思います。

Step9-1 既存の生命保険を生かした見直し方

死亡保障や医療保障の見直し比較を行なう場合には、あなた自身が現在、加入している生命保険を利用する方法もあります。ここでは、現在、あなたが加入している死亡保障や医療保障などを活用する方法を紹介しています。

Step9-2 契約途中から保障内容を手厚くする方法(中途増額)

現在、加入している保障金額が十分で無いと分かった場合には、「中途増額」という方法を利用する事で、契約中の生命保険の保障額を増やす事ができます。ここでは、この「中途増額」について説明しています。

Step9-3 保障内容を下げる方法(減額)

現在の保障額が必要以上に多くの金額である場合には、生命保険の「減額」を行なう事で生命保険の保障額を下げることができます。ここでは、この「減額」について説明しています。

Step9-4 既存の契約に追加する方法(追加契約)

現在、加入している契約内容の保障内容が足りていない場合には、現在の契約にプラスして、新しい契約を行う方法を生命保険の追加契約と言います。ここでは、この追加契約について説明しています。

Step9-5 生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)(その1)

ここでは、生命保険を下取りに出して、頭金として新しく加入する時に充当する事が出来る方法である「契約転換制度」について説明しています。

Step9-5 生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)(その2)

生命保険を下取りに出して、新しい生命保険に入る時に充当する方法を「契約転換制度」といいます。

Step9-6 保険料が払え無いが保険期間を維持する方法(払済保険)

生命保険の保険料の支払いが困難になったが、保障内容が下がっても、保障の期間を維持したい場合に利用できる制度について説明しています。

Step9-7 保険料が払え無いが今の生命保険をできるだけ維持する方法(延長保険)

生命保険の保険料の支払いが困難になったが、できるだけの期間の間、今の保障を維持したい時に利用出来る制度について説明しています。