Step6 医療保障の必要な保障金額の確定

Step6-2 入院時に必要な医療保険の費用


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!
来店型訪問型のどちらにも対応している生命保険無料相談が可能なマネモ。
例えば女性1人での相談なので、不安な場合も申し込み時に相談しておけば、要望にあった相談相手を紹介してもらえるのでお勧めです。その他の要望があれば申し込み時に相談してみましょう。
コチラ ⇒ マネモ





⇒ ⇒ ⇒ 「ニッセンライフで入れる保険が見つかった♪」と、喜ばれるのは…
様々な保険商品をまとめて比較できるから! 詳しくはコチラ!!


・スポンサーリンク

ここでは、病気やケガ等で、入院した時に必要となる医療保障の費用を見て行きます。


【Step6-2 入院時に必要な医療保険の費用】

病気やケガなどで入院した場合に必要な費用は、

  ・医療費
  ・食事代
  ・差額ベット代
  ・テレビ、冷蔵庫のレンタル代

などがあります。


皆さんが知っている事と思いますが、健康保険証を持っている人の場合は、医療費が全額支払う必要が無いという事です。
つまり、入院した場合に自分で支払うものは下記のようなものになります。


【入院時に自己負担が必要なもの】

●医療費
自己負担分である医療費は、基本的に3割です。
しかし、年齢を基準に医療費の自己負担額が軽減されている場合がありますので、下記一覧を参考にしてください。

【医療費の自己負担額】
対象者の年齢自己負担の割合
 3歳未満  2割 
 3歳以上〜70歳未満  3割% 
 70歳以上  1割 
 所得が一定以上の70歳以上  2割 

●高度先進医療費
病院に入院して、医療を受けた場合に全ての治療が健康保険の適用を受けれるわけではありません。先進の医療技術などは、高度先進医療という扱いになり、健康保険が適用されないので自己負担になります。

●差額ベッド代
健康保険が適用されるのは、大部屋のみです。部屋の広さや種類によっても変わりますが、一般的に1000円〜1万円程度の差額が自己負担になるようです。

実際にどれぐらいのベット代が必要になるかは、厚生労働省が平成14年に調査した「差額ベット代の相場」の調査資料がありましたので、ご紹介しておきます。


【差額ベット代の相場】
差額ベット代割合
 1,000円以下  11.2% 
 1,000円超〜3,000円以下  32.7% 
 3,000円超〜5,000円以下  22.7% 
 5,000円超〜8,000円以下  15.4% 
 8,000円超〜10,000円以下  6.9% 
 10,000円超〜15,000円以下  6.2% 
 15,000円超〜20,000円以下  2.7% 
 20,000円超〜  2.3% 

●その他のもろもろの費用
入院時に必要となる費用
  ・付き添いの親族の交通費
  ・テレビ代
  ・電話代
  ・雑誌代
  ・食事代
  ・入院時食事療養費 : 日額780円が自己負担


また、高額療養費制度という制度がある為、ひと月の医療費も健康保険の適用を受けるような治療などの場合には、基本的には、支払う金額が上限が設定されています。
高額療養費制度を使った場合の自己負担額は、下記のようになります。


・支払う限度額(70歳以上の被保険者、被扶養者が居る場合)

        ・一定以上の所得がある人(*1)
           ・外来療養のみ
            40,200円
           ・外来療養 + 入院
            72,300円 + (医療費 - 361,500円) × 1%
        ・一般の人
           ・外来療養のみ
            12,000円
           ・外来療養 + 入院
            40,200円
        ・世帯の全員が住民税非課税の場合
           ・外来療養のみ
             8,000円
           ・外来療養 + 入院
            24,600円
        ・所得がゼロの場合(必要経費・控除額を計算後)
           ・外来療養のみ
             8,000円
           ・外来療養 + 入院
            15,000円


     *1:一定以上の所得がある人とは?
        基本的に標準報酬月額が28万円以上ある場合で、70歳以上の
        被保険者・被扶養者が居る場合





これらを考え、一般的に入院日額で必要な金額は

  ・会社員の場合
    5000円 〜 1万円

  ・自営業者の場合
    1万円 〜 1万5000円

になります。
もし、5000円の入院給付を貰う場合には、入院費用の全てが医療保険でまかなえないかもしれません。これは、もし、入院した場合の費用を医療保険のみで準備すると、毎月支払う保険料が高額になってしまう為です。もし、毎月の保険料の支払いに余裕がある場合には、多めの保障額を付けておくといいでしょう。

しかし、基本的な考え方として、もし、ケガや病気で入院した場合の医療費は、全て生命保険で準備する必要はないという事です。ケガや病気をした時には、生命保険である程度の保障を用意するが、預貯金なども併用する方が家計にはやさしいく、支払う保険料を安くする秘訣になります。

また、自営業者の場合には、入院中は、収入が途絶えてしまいますので、入院中は、預貯金などでの貯蓄を取り崩しての生活になると思います。もし、預貯金を十分に貯めていない場合や預貯金を取り崩したくない場合には、入院中の生活費を貰える保険もありますので検討すると良いでしょう。





では、次は、
「Step6-3 入院費用以外に確認しておく点」








保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー広告 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)




生命保険の見直しでお悩みのあなたに・・・


私は、昔は生命保険についての知識がありませんでした。
この頃に加入した生命保険は、生命保険の営業の担当者の言われるままに生命保険に加入していました。この為、高い保険料で必要以上の保障内容の生命保険に加入していました。

あなたも、このような事にならないように、中立な立場から、あなたに合った、色々な生命保険会社の保険商品を選ぶ事がお勧めです。このようなことが可能であるのが保険マンモスです。


保険マンモス⇒イラスト図表で保険料を3〜4割安くする”
ビジュアル生命保険サイト”情報提供にとどまらず、実績ある全国プロFPの「無料相談」も実施、
コスト削減を現実のものに!


生命保険の相談はこちら ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス


2006年09月29日 01:53