生命保険に関する税金

ここでは、生命保険に関する税金について説明しています。
もし、死亡保障や医療保障に加入する場合や見直しや比較する場合には、税金に関する知識も必要な知識になります。特に死亡保障については、税金に関する知識を得ておく必要があります。

なぜかと言いますと、特に死亡保障の場合には、どのように税金が課税されるかにより、あなたが最終的に受け取れる金額が違ってきます。税金は、数種類の課税方法があり、あなたがどのような内容で死亡保障に契約をしているかにより、どの税金が課税されるかが違ってきます。

また、一家の大黒柱の人に死亡保障をかける場合には、ここで説明している税金についても考慮して、保障額を決定しておく必要があります。もし、税金を気にしていないで死亡保障に加入すると、保障額から税金が差し引かれて、本当に必要な保障額を得れない事になる場合もありますので注意が必要です。

生命保険と税金

ここでは、生命保険にまつわる税金について説明しています。ここで説明している税金には、税金を支払うものや所得税や住民税などが安くなるものがあります。

生命保険料控除(税金が戻るケース)

ここでは、「生命保険料控除」について説明しています。

保険金・入院給付金を貰った時の税金

ここでは、保険金・入院給付金を貰った時の税金について説明しています。

契約形態と保険の種類による税金の違い

ここでは、保険の種類と契約形態の関係によりどのような税金がかかってくるのかを説明します。

生命保険の税金の計算方法

ここでは、生命保険を受け取った時に課税される税金について、どのように税金が計算されるかを見ていきます。

生命保険と相続税

ここでは、生命保険の保険金を受け取った時に相続税として税金が掛かった場合の計算方法を説明しています。

生命保険と一時所得

ここでは、生命保険の保険金を受け取った時に一時所得として税金が課税された場合の計算方法を説明しています。

生命保険と雑所得

ここでは、生命保険の保険金を受け取った時に雑所得として税金が課税された場合の計算方法を説明しています。

生命保険と贈与税

ここでは、生命保険の保険金を受け取った時に贈与税として税金が課税された場合の計算方法を説明しています。