生命保険の契約・解約時の確認点

クーリング・オフについて


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!
来店型訪問型のどちらにも対応している生命保険無料相談が可能なマネモ。
例えば女性1人での相談なので、不安な場合も申し込み時に相談しておけば、要望にあった相談相手を紹介してもらえるのでお勧めです。その他の要望があれば申し込み時に相談してみましょう。
コチラ ⇒ マネモ





⇒ ⇒ ⇒ 「ニッセンライフで入れる保険が見つかった♪」と、喜ばれるのは…
様々な保険商品をまとめて比較できるから! 詳しくはコチラ!!


・スポンサーリンク

ここでは、生命保険の場合のクーリング・オフについて説明しています。



【クーリング・オフについて】

クーリング・オフとは、最近では、聞いたことが有る人も多いと思います。一般的に訪問販売やお店で商品を購入した場合に契約を取り消しを行なうと言う事で聞いた事があると思います。このクーリング・オフという制度は、生命保険にも存在します。


生命保険の場合のクーリング・オフとは、契約してから○日以内なら契約を解除する事が出来るという制度です。

この契約してから○日以内の○日となる基点に日は、何をした日になるのでしょうか?
それは、

 ・保険契約の申込日
 ・最初の保険料の領収日

のいずれか遅いほうの日になります。

この、「保険契約の申込日」、「最初の保険料の領収日」のいずれか遅いほうの日から、その日を含めて8日以内なら生命保険の契約を撤回できる制度です。

クーリング・オフが可能な日数は、生命保険会社ごとによって多少の違いがあり、生命保険会社によっては、8日以上の日数を設けているところもあります。
なお、契約転換などを行った場合で、保険料をお金で支払わない場合は、生命保険の申込日より8日となります。

クーリング・オフの制度を行使して、契約を解除して、生命保険会社が認めた場合には、支払った保険料は全額戻ってきます。


【クーリング・オフが適応されない場合】

下記のような場合には、クーリング・オフの適用が受けられませんので注意しましょう。

・生命保険の契約を行うに当たり、医師による診査を受けた場合
・生命保険会社の営業所などへ出向いて契約をした場合
・保険期間が1年以内の契約の生命保険の場合
・個人年金などで、一時払いや振込み限定などで保険料を支払った場合には、
 クーリング・オフ対象外になる事があります。

特に医師の診断を受けた場合や生命保険会社の営業所や支店へ出向いて行った生命保険の契約を行なった場合には、クーリング・オフの適用外になりますので、注意が必要です。

クーリング・オフについても、生命保険会社ごとに多少の違いがありますので、各生命保険会社に確認すると良いでしょう。




次は、「生命保険の責任開始期について」








保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
バナー広告 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)




生命保険の見直しでお悩みのあなたに・・・


私は、昔は生命保険についての知識がありませんでした。
この頃に加入した生命保険は、生命保険の営業の担当者の言われるままに生命保険に加入していました。この為、高い保険料で必要以上の保障内容の生命保険に加入していました。

あなたも、このような事にならないように、中立な立場から、あなたに合った、色々な生命保険会社の保険商品を選ぶ事がお勧めです。このようなことが可能であるのが保険マンモスです。


保険マンモス⇒イラスト図表で保険料を3〜4割安くする”
ビジュアル生命保険サイト”情報提供にとどまらず、実績ある全国プロFPの「無料相談」も実施、
コスト削減を現実のものに!


生命保険の相談はこちら ⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス


2007年01月29日 02:47